トピックス

サーモテック2009 出展報告と御来場の御礼

2009年7月22日から24日にかけて、東京ビッグサイト東1ホールにて、『サーモテック2009 国際工業炉・関連機器展』が開催され、多くのお客様にご来場いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

今回で第5回目の開催となるこの展示会では、「環境・熱・未来 〜モノづくりとCO2削減に工業炉ができること〜」をテーマに掲げ、工業炉と熱技術、関連機器のサプライヤー、ユーザー、研究者、地方自治体関係者等が一堂に会し、それぞれの独自技術の紹介や商品の展示を行いました。当社は初回から継続して出展しております。

今回の当社の出展テーマは、「環境に配慮した未来志向の熱処理システムのご提案」であり、テーマに沿って新たに開発した二製品を中心にブース展示を行いました。

■新製品

●DENKO CUBO(次世代型汎用NC焼入機)
本設備は、高機能・高性能でありながら、設置スペースが従来比1/3と大変コンパクトな高周波熱処理装置であり、汎用性・保守性にも大変優れています。NC制御を用いた移動加熱にも適しており、インターネットを用いた遠隔監視機能も有しております。

写真:DENKO CUBO

DENKO CUBO(弊社工場内にて撮影)

●デジタル制御発振機
従来のアナログ制御発振機に替わるフルデジタル制御方式の発振機です。1種類の制御基板で、直列、並列共振の両方の負荷に対応でき、広い周波数可変範囲が最大の特徴です。

写真:デジタル制御発振機

デジタル制御発振機展示の様子

■当社ブース

ブースでは、DENKO CUBOによる高周波加熱実演に併せて当社社員による製品説明を行い、大変多くのお客様にお越しいただきました。

写真:ブース全体の概観

ブース全体の概観

写真:当社ブースの様子

当社ブースの様子

■出展社プレゼンテーション

7月22日(水)と7月23日(木)には、専用会場にてプレゼンテーションも開催いたしました。

●7月22日(水) 13:30〜14:10 「高周波誘導加熱の熱処理シミュレーション」

●7月23日(木) 14:25〜15:05 「今後の高周波誘導加熱設備について」

「高周波誘導加熱の熱処理シミュレーション」では、主要な高周波焼入れ部品(クランクシャフト他)の加熱温度と焼入歪の解析の紹介を行いました。また、「今後の高周波誘導加熱設備について」では、主に今回出展したDENKO CUBOの商品説明を行い、加えて開発中のDenko-CARRIER HEATERについても説明を行いました。

当日は、来場ご希望の長い列ができ、会場内では立見の方がいらっしゃるほどの大盛況となりました。本当にありがとうございました。

期間中は、多くのお客様に当社の技術・製品をPRすることができ、また、具体的なお引合もいただくことができましたので、今回の出展はとても有意義なものであったと考えております。今後とも技術開発に努め、このような機会を通じて、当社の技術力をPRさせていただきます。

最後に、ご来場くださいました皆様に、重ねて御礼申し上げます。

写真:プレゼンテーションの様子

プレゼンテーションの様子

関連情報

高周波部門

高周波部門の事業内容をご紹介しています。

関連カタログ

DENKO CUBOpdf(1.9MB)

GET ADOBE READER
  • トピックス