ご挨拶

写真:ご挨拶

当社は1950年(昭和25年)に電気通信インフラを整備する会社として設立されました。その後、高周波応用技術である誘導加熱を用いた分野にも事業を拡張し、現在に至ります。設立以来、半世紀以上にわたり情報化社会の礎となる通信・放送インフラの整備や誘導加熱焼入装置を用いた自動車部品の強化処理などを通じて、より便利な生活環境の実現の一役を担ってきたものと自負しております。

今日では私どもを取り巻く事業環境は、かつてないほど急速な変化を見せております。情報化社会の高度化や産業のグローバル化が急速に進展し、私たち電気興業グループにとりましても、より品質の高い製品を競争力のある価格で提供することが、以前に増して求められているものと考えております。

私たち電気興業グループは培ってきた技術や信頼を基盤として、それぞれの時代のニーズに合致した製品を提供するとともに、次の世代を見据えた新たな技術の開発や事業分野の開拓を行うことで、すべてのステークホルダーの皆様にご満足していただける企業であることを目指しております。経営理念にもありますように、「時代のニーズを先取りし、失敗を恐れぬチャレンジ精神の溢れた前向きの企業たることを期す」という考えのもと、当社が有している事業の強みをより一層強固なものにするとともに、より一層の事業の拡大を目指し、時代の流れを先取りした積極的な提案営業をグループ一丸となって推進し、これまで以上に社会に貢献するとともに、さらなる成長・発展を遂げてまいりたいと考えております。

これからも皆様のより一層のご支援をお願い申し上げます。


<経営理念>

  • 優れた製品を社会に提供し、社会に貢献する。
  • 時代のニーズを先取りし、失敗を恐れぬチャレンジ精神の溢れた前向きの企業たることを期す。
  • 絶えず生産性の向上に務め、常に適正な利益を確保する。
  • 一社一家、グループ一家の和の精神をもって発展成長し、社員の生活向上に務める。

代表取締役社長
松澤幹夫

関連情報

電気通信部門

電気通信部門の事業内容をご紹介しています。

高周波部門

高周波部門の事業内容をご紹介しています。

  • 企業情報
  • ご挨拶
  • 会社概要
  • 沿革
  • 事業所
  • 関連会社
  • コーポレート・ガバナンス
  • CSRの取り組み