沿革

高度成長の時代(1955年〜)

1955年(昭和30年)

  • 九州出張所(現西部支店)、大阪出張所(現大阪支店)開設

1956年(昭和31年)

  • 初の国産テレビ放送用アンテナ受注
  • 東京タワー向けテレビ放送用アンテナ受注

1958年(昭和33年)

  • [東京タワー完成「テレビ時代」の到来]
  • [東京の電話機50万台]

1960年(昭和35年)

  • 川越工場(現川越事業所)を建設し、無線鉄塔、鉄鋼構造物などの製作を開始

1961年(昭和36年)

  • 電電公社本社向けパラボラアンテナ初受注
  • クランクシャフト自動焼入装置製作

1963年(昭和38年)

  • 名古屋出張所(現名古屋支店)開設
写真:初の国産テレビ放送用アンテナ

初の国産テレビ放送用アンテナ

  写真:通信パラボラアンテナ

通信パラボラアンテナ

 
写真:クランクシャフト自動焼入設備

クランクシャフト自動焼入設備

関連情報

電気通信部門

電気通信部門の事業内容をご紹介しています。

高周波部門

高周波部門の事業内容をご紹介しています。

  • 企業情報
  • ご挨拶
  • 会社概要
  • 沿革
  • 電気興業のあゆみ
  • 依佐美送信所の歴史
  • 創業の時代
  • 高度成長の時代
  • 激動の時代
  • 安定成長の時代
  • 高度情報化時代の幕開け
  • IT革命がひらく新世紀へ
  • 事業所
  • 関連会社
  • コーポレート・ガバナンス
  • CSRの取り組み