CSRの取り組み

3. 安全・品質への取り組み


◆安全・品質に関する基本的な考え方


電気興業グループは、安全衛生を何にも優先して取り組むべき事項と考え、「安全・高品質な製品サービスを提供する」ことに加え「企業活動における災害・事故の発生を防止し、従業員・取引先・地域社会の安全に努める」ことを企業行動憲章に定め、無事故・無災害の実現に向けて取り組んでいます。



◆安全衛生に関する取り組み例


最上位の優先度で取り組む必要のある安全衛生の確保のため、毎年「安全衛生管理方針」が定められ、グループ共通の実施事項として推進されます。これに加え、各部門においても独自の安全衛生方針を定め、さらなる安全確保に努めています。また、工場内や建設現場においては定期的な安全パトロールを実施しており、法令遵守はもちろんのこと、いわゆる「不安全行動」がないか、綿密にチェックを行い、安全な職場が維持できるよう、取り組んでおります。



◆品質に関する取り組み例


「お客様が満足する製品とサービスを提供する」ことは、単に不具合や不適合がないというだけではなく、お客様に「本当に喜んで」いただけなければなりません。そのために、当社では品質保証基本規程に規定された事項の遵守だけにとどまらず、各部門における品質方針の制定と推進、併せて以下のような取り組みなどを実施して高い品質の維持に努めております。


【活動例】
 (1)改善提案
業務の効率化やコストダウンも含まれますが、安全性や品質の向上、環境への貢献など、特に範囲を限定することなく「社業に貢献する」ことを目的とした提案制度を導入しており、各部署単位で取りまとめて運用しております。
 (2)QCサークル
業務における問題点の解決等をPDCA手法で品質(Quality)管理(Control)するためのグループ活動を実施しております。グループでアイデアを出し合って業務改善を図り、製品の品質向上をはじめ、業務効率の向上や安全向上などにも貢献するボトムアップ式の業務改善活動です。


◆品質マネジメントシステム(ISO9001)


ISO 9001は、製品やサービスの品質保証を通じて、お客様の満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する国際規格であり、良い製品やサービスを提供するために、製品・サービスといった「結果」ではなく、提供されるまでの「過程」が重視されます。人間が介在する以上は不良品の発生をゼロにすることは困難であることから、不良品を「ゼロに近づける」ための「仕組みを構築する」こと、そして仕組み通りに運用して「継続的に改善する」ことが求められております。当社は全工場および全支店にてISO9001を取得しております。


関連情報

電気通信部門

電気通信部門の事業内容をご紹介しています。

高周波部門

高周波部門の事業内容をご紹介しています。

  • 企業情報
  • ご挨拶
  • 会社概要
  • 沿革
  • 事務所
  • 関連会社
  • コーポレート・ガバナンス
  • CSRの取り組み
  • CSRの考え方
  • マネジメント
  • 安全・品質への取り組み
  • 働く社員の尊重
  • 環境への取り組み
  • 社会貢献活動