高周波部門

製品紹介

誘導加熱装置 ギヤ焼入焼戻装置

代表的な装置は、自動変速機(AT)や無段変速機(CVT)などのトランスミッションを構成するギヤ部品の焼入装置です。近年、環境や省エネなどの観点から浸炭・窒化処理から高周波熱処理を採用されるお客様が増えています。当社最新技術の一つである二波合成加熱システムにより、ギヤの輪郭に沿った硬化層を得ることにより、ギヤ部の熱変形を軽減させることが可能です。二波合成周波数による全周移動焼入など、さまざまな熱処理対応ができます。

なお、本熱処理技術は、ピニオンギヤやウォームギヤなどにも適用できます。

写真:ギヤ焼入焼戻装置
写真:ギヤ焼入焼戻装置
写真:ギヤの焼入れ

お問い合わせ

TEL.03-3216-9470
FAX.03-3216-1669

お問い合わせフォームはこちら

関連製品

二周波合成加熱

  • 事業・製品情報
  • 電気通信部門
  • 高周波部門
  • 製品紹介
  • 誘導加熱
  • クランクシャフト焼入焼戻装置
  • 等速ジョイント焼入焼戻装置
  • ラック焼入焼戻装置
  • ギヤ焼入焼戻装置
  • ハブユニット焼入焼戻装置
  • 建設機械部品焼入装置
  • 工作機械/精密機械部品焼入装置
  • マスヒーティング1
  • マスヒーティング2
  • DENKO CUBO
  • キャリアヒーター
  • PTGシリーズ
  • TG3/CTGシリーズ
  • DPGシリーズ
  • 高周波応用装置
  • 真空炉
  • 高周波熱処理受託加工
  • 技術情報
  • 国内外ネットワーク
  • カタログ