電気通信部門

製品紹介

情報通信 地域情報ネットワークシステム/エリアワンセグ放送


地域情報ネットワークシステム
 5GHz帯無線アクセスシステムを用い、消防・防災情報や映像伝送用として高速で大容量なデータ伝送を自営回線で構築できるシステムです。この5GHz帯無線アクセスシステム回線は、10GHz帯を超える周波数帯に比べて、降雨減衰による回線遮断の影響を受けにくく、災害時に信頼性が高いシステムを構築できます。

エリアワンセグ放送
 エリア放送システム(エリアワンセグ放送)とは、携帯端末向け「ワンセグ放送」の技術を使い、既存の地上デジタル放送に影響を及ぼさないチャンネルを利用して、地上デジタル放送とは違う、独自のコンテンツを限定したエリアに放送するサービスです。

システム導入例

お客様のご要望に応じシステムをデザイン致します。

写真:システム導入例

≪関連情報≫
「エリアワンセグ放送による住民への防災情報伝達に関する共同実験について」を掲載しました
「グリーンエネルギーによる非常用電源システムに関する共同実験について」を掲載しました
『三重県尾鷲市「巨大津波対処関係機関合同訓練」参加報告』を掲載しました
  

ネットワークカメラシステム

  • 地滑り警戒地域、河川、海岸等の災害が想定される箇所の監視用として、リアルタイム映像による監視ができます。
  • 監視用として設置したカメラは遠隔操作が可能です。
  • IP電話システム

  • 孤立化が想定される集落の避難所や重要施設、防災関係機関をIP電話で結び安定した相互通話が確保できます。
  • 高齢者や不慣れな方でも利用ができる、操作が簡単なIP電話機となっております。
  • 専用回線を使用するため、回線の幅輳がほとんどありません。
  • ディスプレイ付き電話機では、警戒情報や避難情報を文字表示することが可能です。
  • 移動中継システム

  • 車両搭載の移動局アンテナと自動追尾運台の組合せにより、基地局を自動追尾することができます。
  • 車両にIP電話機とネットワークカメラを搭載することで、災害現場と本部間で相互通信が可能となります。
  • IP告知同報システム

  • 市内各所に設置した拡声装置から音声放送ができます。また、表示板を設置することにより電光表示することも可能です。
  • 学校や避難所等の建物館内放送設備に回線を接続することで、警報をいち早く伝えることができます。
  • エリアワンセグ放送

  • J-ALERT情報や土砂災害情報、監視カメラ映像、文字放送など、各種情報をワンセグ放送にて特定のエリアに放送可能です。
  • 平時は地域コミュニティ放送として利用できます。災害時には、緊急放送や災害情報配信に役立ちます。
  • 映像、音声、文字による放送のため、情報を正確に伝えることが可能です。
  • ワンセグ対応の携帯端末や専用端末など、幅広い機器で受信可能であり、屋外でも屋内でも受信可能です。


  •               
    お問い合わせ先                   支店統括部 中央営業部  Tel.03-3216-9478
    E-mail: tokyo-sales@denkikogyo.co.jp

    お問い合わせ

    TEL.03-3216-9470
    FAX.03-3216-1669

    お問い合わせフォームはこちら

    GET ADOBE READER
    • 事業・製品情報
    • 電気通信部門
    • 製品紹介
    • 移動通信
    • 放送
    • 情報通信
    • 消防救急デジタル無線/デジタル防災行政無線
    • 地域情報ネットワークシステム/エリアワンセグ用機器
    • MCA
    • 電力(電力パラボラ)
    • 衛星通信
    • CATV
    • 防災・安全・危機管理
    • 新エネルギー他
    • 技術情報
    • 国内外ネットワーク
    • カタログ
    • 取扱い周波数
    • 使用シーン
    • 高周波部門