社員紹介

「残る」仕事がしたい 電気通信事業 建設工事部門設計担当

Q部門について

通信・放送用鉄塔の新設設計・強度検討・製作管理・耐震診断・鉄塔補強時の現地調査などを行う部門で、主に移動通信アンテナ用鉄塔の設計をしています。また、地上デジタル放送化に伴う中継局(サテライト局)の設計や海外向けの鉄塔の設計も手掛けています。

Q業務について

現在移動通信アンテナ用鉄塔の設計・強度検証、研究・開発、構造解析や設計技術の開発に携わっています。入社二年目の時、初めて担当した新設鉄塔の設計で下準備が悪く四苦八苦し常に試行錯誤の連続でした。それから今に至るまで、『仕事の全体像を把握し、伝え、共有すること』と、『仕事の段取りと優先順位』を心がけています。製作工場で自分のイメージしたものが製品になった時や、納品した製品がお客様に納得していただけた時には、大きな達成感や喜びを感じています。今後は常に冷静かつ客観的な選択をできる技術と知識を付けていきたいですね。

Q入社のきっかけ

形に残るモノで人々の生活の支えになる仕事がしたいと考えていた時、大学の就職センターで電気興業を知りました。通信インフラを支える責任の重い仕事であることや、鉄塔の一連事業に対し、設計、製作、施工、管理まで一貫して行っているスケールの大きさに魅力を感じ、入社を決めました。

学生のみなさんへメッセージ

もし就職活動で落ち込むことがあるなら、気持ちを切り替える為にノートに箇条書きで、不安や焦り不満を書き出してみてください。私が就職活動中行き詰ったとき、担当教授に『覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい。』と言われこの方法を行っていました。多くの会社を見て、納得のいく就職活動をしてください。

他の社員を知る