高周波部門

製品紹介

誘導加熱装置 等速ジョイント(CVJ)焼入焼戻装置

等速ジョイントの代表機種(TJ・BJ・DOJ)の短軸・内径スプラインタイプはもちろん、全長450mmの長軸タイプも熱処理加工を行うことが可能です。

短軸タイプの最速処理タクトは16sec/1個です。処理タクトを短縮するため、軸部に高効率コイルを採用、溝部・軸部の同一位置での同時加熱の実績があります。また、プロペラシャフト用ジョイントやフランジ型ジョイントの焼入用装置の実績もあります。

写真:等速ジョイント

等速ジョイントとは

等速ジョイントは自動車のエンジンの動力を車輪に伝えるドライブシャフトのジョイント部に使われている部品です。

エンジン〜ドライブシャフト〜車輪の間の折れ角が大きく変化しても回転力をムラなく伝えます。

FF車に多用されていますが、FR車にも静粛性の点から使用されています。

写真:等速ジョイント(カットピース)
写真:等速ジョイント(カットピース)

お問い合わせ

TEL.03-3216-9470
FAX.03-3216-1669

お問い合わせフォームはこちら

関連製品

Denko-CARRIER HEATER

  • 事業・製品情報
  • 電気通信部門
  • 高周波部門
  • 製品紹介
  • 誘導加熱
  • クランクシャフト焼入焼戻装置
  • 等速ジョイント焼入焼戻装置
  • ラック焼入焼戻装置
  • ギヤ焼入焼戻装置
  • ハブユニット焼入焼戻装置
  • 建設機械部品焼入装置
  • 工作機械/精密機械部品焼入装置
  • マスヒーティング1
  • マスヒーティング2
  • DENKO CUBO
  • キャリアヒーター
  • PTGシリーズ
  • TG3/CTGシリーズ
  • DPGシリーズ
  • 高周波応用装置
  • 真空炉
  • 高周波熱処理受託加工
  • 技術情報
  • 国内外ネットワーク
  • カタログ